医薬品の写真

風邪や怪我、化粧品などをよく見ると第一類医薬品や第二類医薬品などの表示を見たことはないでしょうか?分類を表していることはすぐに分かると思いますが、実際どのように分類されているのか見てみましょう。

医薬品と便秘と理想的について

健康のためには腸内状態を整えることも大事であり、便秘は医薬品を使って対処することもあります。ですが理想的なのは、医薬品は使わないで、スムーズなお通じがあることです。理想的な便秘解消では、医薬品はなしで、食事や運動習慣によって、順調なお通じをもたらし、健やかな状態を維持することです。医薬品はお腹が痛くなったり、副作用もあるので、できるだけ使わない方向で対処出来るのが理想的な形です。

便秘改善には自力でできる方法で、様々なアイデアがあります。まずは腹筋を、今よりも強化しましょう。腹筋の力があってこそ、排泄も順調に行いやすくなります。腹筋が弱い人は、便秘になりやすいため、女性には多いわけです。いきなり腹筋運動をしても、運動をしない人であれば、だいたい1日で挫折します。そこで簡単に出来る方法で、先立ちをしましょう。

つま先立ちをしたら、最初は1分を目安として、慣れてきたら5分ほどのつま先立ちをします。靴は履いていない状態がいいので、自宅の部屋でやりましょう。歩く必要もなく、立ったままでつま先立ちです。バランスが崩れるなら、壁に手を当てても大丈夫です。結構が改善されて基礎代謝も高まります。そして、こんなに簡単なつま先立ちなのに、腹筋の強化にもなります。

便秘解消のためには、こまめに水分の摂取もしましょう。1回でたくさん飲むのではなく、こまめに飲むのがポイントです。冷たい水ではなく、常温の水や白湯を飲むといいです。1日に1.5Lから2Lが目安ですが、動きの少ないデスクワークの人は少し少なめでよいでしょう。生活の中で意識的に、体を動かすようにしましょう。そして毎日、しっかりと睡眠をとることも大事です。