Dr.つるかめキッチンの支払い方法!添加物に頼らないバランスのいい弁当

この記事では、Dr.つるかめキッチンを注文する際に利用できる支払い方法を紹介しています。

決済時の支払い方法はクレジットカード・コンビニ後払い・代金引き換えの3種類が使えます。

Dr.つるかめキッチンって添加物が入ってなく評判もよさそうだから試しに注文してみようかな?と思っている人も多いと思います。

Dr.つるかめキッチンの詳細は公式サイトへ、支払い方法を詳しく知りたい人はこのまま読み進めてください。

Dr.つるかめキッチンの注文時に利用できる3つの決済方法

利用できる決済
  1. クレジット払い
  2. コンビニ後払い
  3. 代金引き換え

Dr.つるかめキッチンを注文時に利用できる支払い方法は上記の3つです。

土の支払い方法が1番お得なのか気になりますよね。

それぞれの支払い方法には注意点もあるので1つずつ解説していきます。

クレジットカード払い

Dr.つるかめキッチンを注文時に利用できる決済方法1つ目が、クレジットカード払いです。

おそらく多くの人がクレジットカード払いを選ばれると思います。

利用できるクレジットカードブランドは下記の5つになります。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • アメックス
  • ダイナースクラブカード

主要5ブランドに対応しているので、Dr.つるかめキッチンの注文時に問題なく使うことができます。

中には注文時にクレジットカードを悪用されたらどうしようと心配になられる人もいると思いますが、カード番号は暗号化されるので安心です!

それでもネット上でクレジットカードを使用するのは怖い!と思われる方はクレジットカード以外の決済方法を利用してください。

コンビニ後払い

Dr.つるかめキッチンの注文時に利用できる決済方法の2つ目が、コンビニ後払いです。

Dr.つるかめキッチンの冷凍弁当と一緒にコンビニで支払いできる専用の用紙が入っているので、その用紙をコンビニに持っていき支払いするシステムです。

コンビニ後払いの注意点としては

  • 商品到着後14日以内に支払う
  • 後払い手数料が220円(税込み)かかる

コンビニ後払いには上の2点の注意点があります。

Dr.つるかめキッチンのお弁当が自宅に届いてから14日以内にコンビニで代金を支払わなくてはいけません

その際に商品代金とは別に後払い手数料220円(税込み)が必要になります。

220円(税込み)の手数料を払いたくない人は、クレジットカードで決済したほうがお得ですよ。

代金引き換え

Dr.つるかめキッチンの支払い方法3つ目が代金引き換えです。

ご存じの方もおられると思いますが、代金引き換えは商品代金の他に代引き手数料330円(税込み)が別途必要になります。

Dr.つるかめキッチンの冷凍弁当が自宅に届く日までに、商品代金と代引き手数料のお金を用意しておく必要があり宅配ボックスが使えません。

また、離島などの一部地域では代金引き換えの支払い方法が使えない地域もあるので注意してください。

代金引き換えも便利なサービスですが、代引き手数料が発生するので代金を安く済ませたい人は、クレジットカード払いか手数料が110円安いコンビニ後払いにしましょう。

支払い方法がわかったしDr.つるかめキッチンのメニューなどを確認したい人は公式サイトから詳細を知ることができます。

Dr.つるかめキッチンの支払い方法をもう一度おさらい

利用可能な支払い方法
  • クレジットカード払い
  • コンビニ後払い
  • 代金引き換え

Dr.つるかめキッチンを注文する時の支払い方法は上記3つです。

無駄な手数料を払いたくなってい人はクレジットカード払いがおすすめですが、ネット上でクレジットカードを使用するのに抵抗がある人はコンビニ後払いがおすすめです。

コンビニ後払いなら代金引き換えに比べ手数料が110円安くなりますし、14日以内に支払えばいいので手持ちのお金がなくても安心です。

Dr.つるかめキッチンはコンビニ弁当のように添加物が入っていないバランスの良いお弁当なので、健康志向の人から評判が良い商品です。

Dr.つるかめキッチンの利用者の口コミは別記事で紹介していますので、注文を検討している人はそちらもチェックしてみてください。

>>Dr.つるかめキッチンの愛用者の口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA